CK(カルバンクライン)のメンズスーツの評判

CK(カルバンクライン)のメンズスーツの評判が、男性としては気になる
かも知れません。

CK(カルバンクライン)のメンズスーツは、メンズファッション誌だけでなく
ライフスタイル男性誌にも多く登場することから、最も目にするスーツブランドの
1つ
と言えるでしょうパンチ

CK(カルバンクライン)のメンズスーツは、ニューヨークを代表するデザイナーブランド
でありながら、日本ではオンワード樫山が運営するブランドの1つです。

「シンプル」「モダン」「クリーン」をコンセプトにデザインされた
シルエットは、オフィス使用としてだけでなく、休日シーンに着ていても様になる
クオリティが、若い男性の間では評判をよんでいます手(グー)

CK(カルバンクライン)のデメリットとして言えるのは
「シンプル」「モダン」「クリーン」を基本にしていますから、どうしても
他の服装とコーディネートするとき、その男性のセンスが出てしまいます。

カラーもホワイトやグレー・ネイビーと言ったモノトーンタイプが、メインですから
一見すると、「ユニクロな人」「無印な人」に見られかねませんどんっ(衝撃)
そのため「逆に着こなしが、難しい」という口コミや評判も男性の間で多いですダッシュ(走り出すさま)

CK(カルバンクライン)のお勧めは
シンプルでありながら上質な生地を使用したブランドですから、10代男性だけ
でなく、30代前半ぐらいまで、幅広い男性に似合います。
恐らくメインの顧客層は、20代男性と思われることから、スーツの価格帯も
上下で4万円から
用意されており、単品で購入を考えるなら価格帯も1万円前後と
若い男性が購入しやすいお値段も魅力の1つですわーい(嬉しい顔)



ジャケパンスタイルでも着まわしやすいタイプが揃っており、
ジャケットの価格帯は15,000円〜25,000円
パンツの価格帯は、1万円前後と合わせても4万円アンダーで一通り揃えること
が出来ます。

スーツに関しては、シルエットが日本人の男性に合わせてスリムに作られている
と評判があり、シルエットにスリムなスーツを考える男性にはお勧めのブランドです手(チョキ)
スポンサーリンク
posted by スーツマイスター at 17:12 | ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。